コラーゲンが老化してくると吸着力も低下して肌はカサカサ骨はスカスカ・・・。女性陣よ!若々しさを取り戻すなら豚足料理がオススメ。

コラーゲンの歴史

コラーゲン(ゼラチン)の歴史は長く、これほど日常生活に密接に結び付いている物質は少ないと思います。しかし、ゼラチンに関する文献、資料は数少なく、そして、実際に各分野にゼラチンの基本的特性と実用性を兼ね備えた資料はほとんどないようです。

ゼラチンは古代エジプトのにかわ製造にその起源を発していると言われており、主に接着剤に利用されていたと言われています。 工業的規模で生産が始まった のは、1690年のオランダが最初であるとされています。1700年代のイギリスにおいては主要産業になり、さらに1800年代に入るとフランス、アメリ カ、ドイツなどで完全に工業化され現在に至っているのです。

1800年ごろまでは主原料が皮であったのが、1841年にイギリスで脱灰牛骨(オセイン) の製造技術が確立され、19世紀初頭には工業的な骨ゼラチンの製造も開始されたのです。そして、19世紀後半、写真乳剤にゼラチンが応用されるに至り、ゼ ラチン工業はさらに発達しました。

日本での工業化は欧米より遅く、1900年代に入ってからとなり、それほどの歴史には至っておりません。 この理由の1つとして、日本では古来、寒天が食 用として利用されていました。寒天は、5000年以前より用いられており、ゼラチンが取り入れられるようになったのは約100年前くらいであると考えられ ています。

ゼラチンを定義するとすれば「動物の白色結合である皮や骨を構成する主要タンパク質(コラーゲン)を部分的加水分解にて得られたタンパク質」となります。 語源は、ラテン語のGELARE(煮凝り)に由来していると言われております。 さて、このコラーゲンに関して、テレビ、ラジオ、週刊誌、新聞の広告等 で誰もが一度は目にしたことがあると思います。健康食品と化粧品及び健康ドリンク類が主です。

私たちの身体を作っている60兆個の細胞をレンガの壁、レンガを積み上げるセメントをコラーゲンに例えれば、セメント役のコラーゲンが老化すれば、当然レ ンガの壁である細胞はもろく壊れやすくなりますし、補修をしなければ壊れてしまいます。 このレンガを繋ぎ固定するセメント役のコラーゲンは体中のあらゆ る細胞をつなぎ止める働きをしているのです。

コラーゲンは動物の骨、皮などに含まれるタンパク質で、身体の全タンパク質の30%を占め、皮膚では70%にものぼります。 肉や魚を煮るときにできる 「煮凝り」は骨や皮のコラーゲンが溶け出したものです。日本一の長寿県、沖縄ではコラーゲンを多量に含むブタの皮や骨が、食生活に上手に取り入れられてい ることを、ご存知の方も多いことと思います。 コラーゲンが熱によって変性したものがゼラチンでゼリーの原料になりますが、同じくゼリーの原料となる寒天 とは別物で、寒天は植物繊維の多糖類、コラーゲンは動物線維のタンパク質なのです。

清涼飲料水や健康食品に添加するコラーゲンは微量です。又その多くは独特の脂肪臭を消す為の処方であることも多いのです。

そこでフィルのコラーゲンは脂肪分(ゼロ)を全く含まないので余分に摂取しても問題ありません。又独特の脂肪臭がなく無味無臭に仕上げてあります。

おすすめWEBサイト 5選

エアロバイクのプロショップスーパーエアロバイク
http://www.e-fitmart.com/
大阪で婚活・お見合いパーティーなら
http://splash-party.jp/
美容室 原宿
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000111524/
ブランドメガネの通販
http://www.makotoweb.com/

最終更新日:2015/7/2

(c)豚骨で嬉しいコラーゲン Allright Reserved.